コーヒー・スケッチブック
コーヒーにまつわる日常をスケッチするように描きます。美味しい話を皆様に発信します。
プロフィール

ぶんかマスター

Author:ぶんかマスター
名古屋の中川区でコーヒー豆を売っています。年は50代です。喫茶店をやりながら、お店で豆を、焙煎していましたが、豆売り店として新たに開業しました。コーヒーの生産地に訪問することが楽しみです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コロンビア コンテスト豆
コロンビア (2) coe
コロンビア コンテストの豆のカッピングに行ってきました。コロンビアは、ブラジルに次ぐ世界第2位の生産量でコーヒーの輸出国として影響力による存在力があります。味の潜在力もあります。お店でも単品あるいは、ブレンドにも使えます。そんなところにも需要が高いコーヒーだと思います。先回は、ルワンダのカッピング会でしたので収穫時期が似ているのでしょう。そのコロンビアで今回は、30品目のサンプルで入賞コーヒーの出品でした。数も多いのですが中身の味も華やかで魅了されます。二回のセッションに分けて2時間かけて味をくまなく見ます。コロンビアは、酸味がしっかりしていますが、嫌味がないので後味も十分楽しむ事が出来るコーヒーでした。中でも高順位のものは、立体的な味と共にエレガントさの中に気を引く感じを持ち得ていていました。こんな所に留意して見ていくと分かりやすいようです。国ぐにのコーヒーの特有なところの味わいを、ご紹介しつつ親しんで頂けるようにしたいです。



スポンサーサイト

コンテスト ルワンダ
                              
ルワンダのコンテストのカピングに行ってきました。1994年に4月から6月にかけて80万人のルワンダ人が殺害されました。その悲劇から現在は乗り越え国と経済が立て直りました。アフリカの奇跡ともよばれその課題により取り組んでいるそうです。コーヒーのコンテストが行われることは、コーヒーを、通じて世界にルワンダの国を知ってもらう足がかりに成りえます。幸いにしてルワンダのコーヒーは、世界的に人気がありこのカッピング会に期待があるようです。今回は、26のサンプルが寄せられました。なめらかでより明るい果樹味で洗練された酸味がありました。サンプルを見終わって15人程の参加者の方々がどれが良かったか3つ選び挙手しました。意見には、ばらつきこそありましたが味の差は、大きな感じでないと思われました。全体として風味特性が出てくるといいのかもしれません。しかし、風味を出そうとして無理に焼くと酸味がある分、苦みが出て味が壊れやすいです。気をつけなけばいけません。


味の見方

カッピング
コーヒーのカッピング会を、始めました。そんなに大げさじゃない簡単な形からです。
少し当てる感じで3つのカップから1つ違いの物を見つけると言う趣向です。ひとつひとつの
カップの味を、味み表の言葉により選びます。例えば、酸味なら 生き生き 柔らか 洗練された
爽やかなどです。そんな感じでやっています。味覚用語は、いろいろありますが基本的なものが4つ程書いてあります。やられる方の、感じたままのことばを聞くことがいろんな要素を、持っていると思います。ひとどうり熱いうちから冷めるまで味の変化を確かめつつ評価していきます。30分程で終わるようにしています。集中して普段あまり使わない感覚があり面白かったと言う感想が多いです。皆さん、きちんとやられて有難い思いです。私の経験を踏まえて、お店のコーヒーの考え方と味を、知ってもらう事を伝えております。

最近のコーヒー豆の買い付け事情
ここ10年は、コーヒー相場が非常に低迷した時期です。消費国の買い手市場でした。1970年代ぐらいから
アメリカの消費が落ちコーヒー生産国のコーヒー価格も長く低迷していました。過去のコーヒーの流れを改善すべくスペシャルテイーコーヒーが生まれ、優れたコーヒーが作られ流通にのりました。個人店がこのコーヒーを扱うことが出来、自分にとつてもすばらしい事です。そして本当に愛してやまないコーヒーフアンのためのコーヒーであります。
只、高品質のコーヒーの生産量は、決して多くはない上に国内のみならず欧米を始めとする消費国との争奪戦なつています。年々難しくなっているそうです。私が訪問したグアテマラ コス タリカは、小さな農園で小ロットを生産してより特定な物を作るところが多くあり益々狭き門になっております。あらたに、韓国 オーストラリア
の動向も気にかかる状況ということです。
コーヒーの陸揚げ


ZERO新聞に掲載されました!
ゼロ新聞掲載

秋たけなわとなりコーヒーもより美味しく感じる季節なりました。もともとコーヒーの実は、果実なので果物のような爽やかな味わいとコーヒーの風味が一体となり、より味わいやすくなる点もあると思います。そんな気持ちを、こめてデザインしました。タイトルは、家族に愛情いっぱいのコーヒーを入れてあげようです。それも美味しいコーヒーをと言う感じです。お店のオリジナルの浮かべるパックのプレゼント券がついています。これは、ドリップパックより成分がでます。そこが、このパックのよいところです。また器具いらずなのでギフトにも使われリピートも多いです。よろしくお願いいたします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。