コーヒー・スケッチブック
コーヒーにまつわる日常をスケッチするように描きます。美味しい話を皆様に発信します。
プロフィール

ぶんかマスター

Author:ぶんかマスター
名古屋の中川区でコーヒー豆を売っています。年は50代です。喫茶店をやりながら、お店で豆を、焙煎していましたが、豆売り店として新たに開業しました。コーヒーの生産地に訪問することが楽しみです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


刈谷スプーン
お店のお休みに夫婦で刈谷市へいつてきました。名古屋に住んでいて初めて刈谷市行く事になりわくわくしていました。用事は、中学校の美術の先生で吉川さんと言う方が小学生の絵と先生の作品のみるためです。偶然にも子供が刈谷の企業に就職が決まり会社をみる事ができました。どちらも刈谷駅の近くです。駅の周辺はデンソーなど大企業や会社があり若い人が多く歩いていました。会社の目と近くに夜のお酒をだす店が沢山ありビックリしました。そんなことであれやこれやで歩いているとお腹がすきました。ご飯を食べる事になりお店選びも最重要事項です。経験と運がいります。何か鼻をきかせるごとく情報は無いかと表を観ていると刈谷の野菜やら三河湾の魚を使う店とかいてある看板が目にはいりました。初めて刈谷にきたのでそのもん言にひかれはいることにしました。こぎれいな店で料理する男性と接客の女性がやっていました。お昼時でランチ注文しました。とても上品にセンス良くさらに盛り付けしてありました。味も優しく素材の味が良くかんじました。隣の席の女性のお二人がデザート食べていてすごく幸せそうに食べているのがみえました。私は、厨房もみえる席なので男性が料理を楽しそうにつくつている様がかんじられました。そんな温かい雰囲気で嬉しい気持ちになりました。調理している方は、東京で長く料理を勉強されていて同じ食材をつかい国ぐにの料理を作る事ができるそうです。お店の経営は大変な所はあるみたいですが美味しい料理を作るために手間暇惜しまずつくつているみたいな方です。もういちど行ってゆっくりデイーナーでもしたい良い店でいい店にめぐりあいました。

スポンサーサイト

煙突掃除と血管
煙突
煙突2
煙突3
月に一度の月はじめにで煙突掃除しています。人間と同じように血管のメンテナンスを怠らないようにしています。煙突は使6、4mの高さがあります。長い管で経が10㌢あります。内面に付いた微細な綿ぼこりのようなもを煙突ブラシで取り除きます。この綿ぼこりは、コーヒーの油分を含んでいるので管に付着してなかなか取りにくい性質になります。焙煎側の煙突で揮発成分と生豆の成分の塊です。埃のようになつていてすごい感じです。人間の血管の場合、メンテナンスの仕組みが組み込まれているので血管内皮細胞が血液がスムーズに流れる構造になっているだけでなく血栓や炎症を防いでいるそうです。血管内に流れる白血球が絶えず血管の状態を監視して傷を補修して余分なコレステロールなどのゴミ処理しています.煙突も汚れてくると熱の管理のコントロールに支障がでて味が低下する恐れがでてきます。本体の心臓部の釜に負担をかけないようにつねに流れを良くしないといけないです。体も機械も管理が必要ですね。





ケニヤのコーヒー
ケニヤ コーヒーで今回はカングヌです。 ナイロビから120キロメートルに位置すニエリ地区でケニヤのなかでも代表的な生産地区です。試飲でブレスでたてたり、水出しコーヒーにして味を、みてもらっています。この夏は、優しい味が好まれるかなと思いきや以外に皆さん好評です。水出しコーヒーにするとワインのように輝くのでその色彩感覚で1口めで美味しいと言っていただいております。ホットにしても特徴的味わいで一時の涼の感覚で楽しんでみえます。やはりいいものは、評価がそろいます。この挿絵は、ケニヤのイメージを切り絵で作りました。切り絵教室に通っていた頃の作品で材料が色紙なので立体的な色彩と力づよいものになりました。お店に飾ってあります。けにや




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。