コーヒー・スケッチブック
コーヒーにまつわる日常をスケッチするように描きます。美味しい話を皆様に発信します。
プロフィール

ぶんかマスター

Author:ぶんかマスター
名古屋の中川区でコーヒー豆を売っています。年は50代です。喫茶店をやりながら、お店で豆を、焙煎していましたが、豆売り店として新たに開業しました。コーヒーの生産地に訪問することが楽しみです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


名古屋のワタルでブラジルのカピング
今年、11月27日に最後であろうCOEブラジル アリーハーベストのカピング会に参加しました。夜にインターネツトによりオークションが行われます。豆を購入してもいいし買わなくてもいいのですが、味の勉強や情報を知らないときちんとした商品を販売できないから欠かさず出ています。ナチュラル方式つまり皮をむかずにそのまま干し乾燥して後から脱穀手できたコーヒーです。最初のシーズンに収穫されコンテストように出品され入賞順位が気まつているのをこのワタルさんの会場でお行なわれています。皆、美味しいのですがその分、味の差がはっきりとした感覚に慣れないといけないといつも思います。今回はナチュラル方式という事もあり酸のはなやかさ、強さし少なくまるい感じです。しつとりとしたとても甘いコーヒーが印象です。といってもマンゴーや熟したパパイ
ヤなど素晴らしいコーヒーたちです。いつもついつい買ってしまいたい気になります。コーヒーは進化しているので。
スポンサーサイト

幼稚園のバザーでコーヒーをだす。
子供が通園していた桜台幼稚園のバザーにコーヒーを出店してきました。毎年この冬に行われてる人気のイベントです。もちろん子供も大人も楽しめます。バザーなのでいろんなものが凄く安いので面白いです。コーヒーも安くておいしいです。私としては、豆屋として気合がはいつているのでコーヒーミルまで用意しました。コーヒーは雰囲気と味なので頑張りました。普段皆さんがどんな感じでコーヒーと親しんでいるのか興味のあるところですが、フレシューや砂糖を最初からコーヒーに入れられるのが普通みたいです。実際の話をすれば、コーヒーはかなりの良い物を使い焙煎レベルも高いので嫌な酸味や苦みがありませんです。お客さんですから無理には言えないです。
残さず皆、綺麗にのんで頂いた上に美味しいと感じて御代りをしていてだいた方が沢山みえました。この事実は私にとつてとてもありがたい事です。。何もいれずに飲む事に慣れていない事やら入れないと飲みづらいからでしょう。少しコーヒーに興味をもっていただければ味の楽しみが一段と深まると思います。さく今は、料理で本物を出さない店でニュースになりました。商品は大事です。そんなわけで少しお店にきていただければ、コーヒーの本来持っている味の魅力をお話をさせていただけると思います。

グアテマラ COE サンタ エレサ
グアテマラ サンタエレサのローストミッション成功しました。コーヒーのそのものの持つティストの世界の可能性はひろいのですが飲まれたときに良い味にしなければ成功ではないです。さらに味が良ければよりコーヒーの味をより高めなければなりません。このグアテマラはCOEクラスなので評価以上に焼きたいです。その意味でローストするモチべーションは正直高いです。なぜならば味の成分が多いので焼き具合で微妙に味の落とし込みが違いがでてきます。今回のグアテマラは、コショウとかそのようなビリッとした苦みがあるコーヒーなのでコーヒーとして苦く感じないようにしたいと考えました。投入温度から始まり風味がつくられる過程で,温度と時間の軌道に乗せながも火のはいり具合を、数字と実際の官能により味を確かめて理想の火力をつくつていきました。そうした結果、バランスと調和のとれた味と飲み心地になりました。不思議にそのような味に仕上がるのでその考え方と実際を大切にしていかなければならないと強く思いました。お客さまに黙ってのんでもらって感想をもらうと甘さが飲むたびにより感じられると言われます。そんな時は、良い味を感じやすくなりコメントも多く言われます。やはり皆感じ方は同じなんだと改めて感心します。

                      250グラム  2100円   セットですとお値打ちです。

コロンビアコーヒーの深煎り
コロンビアの馬
今回はナショナルウイナーで入賞したコロンビア エルミラドール農園のコーヒーを深煎りにしました。中煎りでもコロンビアのマイルド感が良く出て頼もしいコーヒーです。酸味強くなく甘いコーヒーです。バニラやネクターのような粘性があり重くてしつとりとした趣きです。深煎りにするとよりしっかりとした味になります。コロンビアは普通に焼くと重くて切れの悪い味になりやすいです。ですから焙煎時にきれいに水分をぬいて風味をつくるところを、やんわりとカロリーいれていかないといけません。その加減は、焙煎したコーヒーの味をみて計算していきます。火加減は、いつも同じではないのでつねに真剣勝負です。コーヒーは、バランスなんですがあまりきわだった味をつくらずまとめていく味にしていくと円やかなところへいくと考えています。より円やかと感じるところへたどりつくとコーヒーの特徴がうきでてきます。深煎りですがいやな苦みがなく高級なダージリンのようなとろりとした美味しさです。ぜひご賞味くださいませ。
 
                      250グラム 1575円  セットではお値打ち価格です。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。