コーヒー・スケッチブック
コーヒーにまつわる日常をスケッチするように描きます。美味しい話を皆様に発信します。
プロフィール

ぶんかマスター

Author:ぶんかマスター
名古屋の中川区でコーヒー豆を売っています。年は50代です。喫茶店をやりながら、お店で豆を、焙煎していましたが、豆売り店として新たに開業しました。コーヒーの生産地に訪問することが楽しみです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フレンチブレス温度
お店では、ブレスで作る湯温は、沸騰したての95度から100度を使いコーヒーをいれています。写真は、4分待つ間のじつさいのコーヒーの温度が成分を溶かすので温度を計りました。80度から85度ぐらいになりこの当たりが飲みごごちがよさそうです。仮に90度の湯温ですと80度以下になり飲んだ風味からくる力が弱いです。極力、本当にぶつぶつ沸騰された湯でも苦みがでないように焙煎する形でローストしています。それでも風味と特徴はきちんとでています。そんな事で温度はいろんな意味をもたらします。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。