コーヒー・スケッチブック
コーヒーにまつわる日常をスケッチするように描きます。美味しい話を皆様に発信します。
プロフィール

ぶんかマスター

Author:ぶんかマスター
名古屋の中川区でコーヒー豆を売っています。年は50代です。喫茶店をやりながら、お店で豆を、焙煎していましたが、豆売り店として新たに開業しました。コーヒーの生産地に訪問することが楽しみです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クールマイヨールで水出しコーヒー。
お店でコンテレエクスで出した水出しが評判がいいのでクールマイヨールの硬水で水出しを試しました。最初の水自体が香水のようで角がなくすべすべした味です。同じブルンジを使いのんでみるともうコーヒーでない味の感覚になっていました。というのは、コンテレクスより栄養成分が多くより硬水なのでコーヒーの成分が溶けにくなっていてコーヒーをかすめたような味でした。お客さんの反応は、ぶどうのような甘さがある答えた方がお二人方いてシャインマスカットのようなイメージかもしれません。コンテレクスの方がコーヒーとの相性はよさそうです。水をいろいろ変えてやっている中でコーヒーと自然の恵みの水との関わりは深いものを感じました。。クールマイヨウール

スポンサーサイト

コーヒーの焙煎の良否
焙煎したコーヒーがうまく焼けたか確かめたるにあたり最初は、味も形からみていきます。水分がうまく抜けていないと重い味でからつとして無くすっきりと通った味にならないからです。ここが最初の関門です。コーヒーをスプーンですすって平たくして見ていく中で膨らみがあるかないかさぐていきます。コーヒー豆は豆なのでその感覚として平坦でなく口の中でボリュームのような膨らみを形成せれている事が必要です。膨らみがあるかないか一生懸命脳のなかで考えて推察します。考えるとことにつきます。そしてその膨らみの中に豆の成分の発達からくる味覚をしらべていきます。最終的には熱によるコーヒー豆が良い化学変化を遂げることでバランスの整った味になる事に確信しながら。

秋のコーヒー
お客様ノートと言うものがお店で現存するのですが、その方いわく8月17日(月)朝からだそうです。なんとなく空気感がかわるとか、ものすごく非科学的ではあるけれど。そんなことが書きしるしてありました。いつも暦とは別に早めにくるみたいで1日1日を大切にしていらしゃるのだと思いました。そんなお客様に季節感のある幸せなコーヒーを沢山作りたいです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。