コーヒー・スケッチブック
コーヒーにまつわる日常をスケッチするように描きます。美味しい話を皆様に発信します。
プロフィール

ぶんかマスター

Author:ぶんかマスター
名古屋の中川区でコーヒー豆を売っています。年は50代です。喫茶店をやりながら、お店で豆を、焙煎していましたが、豆売り店として新たに開業しました。コーヒーの生産地に訪問することが楽しみです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ドライマンゴー
フイリピン
子供がフイリピンのお土産でドライマンゴーを買ってきました。この夏、勤めている会社のお盆休みを使いフイリピンの英語語学留学に
行ったきたお土産です。砂糖は控えめあまり甘くなくマンゴーの風味とジュシーな味でおいしいです。 ここが一番おいしいよと言っているように確かに後味良く飽きがこない。もちろん本物の果物がいいのですがドライな風味でもコーヒーの味を確かめるのにジュシーなのでサンプルとしても好都合です。
スポンサーサイト

ブラジルコーヒーひとくくり。
ブラジル2
南米の国ブラジルでオリンピックがもうすぐ始まります。そのブラジルの話題としてコーヒー大国ブラジルのコーヒーはお店では定番商品です。味は平凡でコーヒーらしいと言えばコーヒーらしいのでそこが人気かもしれません。それにブラジルのコーヒーを飲むことによって他の国の味の感覚からくる違いを肌のように感じることが出来ると思います。ブラジルは、州一つが国と思えるほど広いので農園自体もアフリカ、中米は1から2ha小規模、ブラジルは20ha小規模です。コーヒーは特に土地の環境で育つ植物なのでこの規模から想像
するがゆえに特別個性的ではないところを感じます。広大な生産地域性からくる性格的みたいな心持ち風味からブラジルのコーヒーに好感とおもしろさじゃないかと思います。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。