コーヒー・スケッチブック
コーヒーにまつわる日常をスケッチするように描きます。美味しい話を皆様に発信します。
プロフィール

ぶんかマスター

Author:ぶんかマスター
名古屋の中川区でコーヒー豆を売っています。年は50代です。喫茶店をやりながら、お店で豆を、焙煎していましたが、豆売り店として新たに開業しました。コーヒーの生産地に訪問することが楽しみです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


インドネシアのコーヒー
マンデリンは、誰でもマンデリンだと分かるぐらい個性が出る味です。そのコーヒーの国、インドネシアから友人のバイアーがインドネシアのコーヒー産地の視察から帰ってきました。人気の高いアジアのコーヒーとして誇れるコーヒーです。アメリカがインドネシアのアラビカ種の7割が使われ日本は1割だそうです。上級品は仕入れ価格が高いのですが世界の生産量が少ないのも反映されています。アメリカはこのマンデリンの味が好きなのだと思うのですが私としても花のランとかハーブのような綺麗さと土のミネラルを感がコーヒーになったようなのところが好みです。昔は土と言うよりも泥くさい感じの味で凄味がありました。今のクラス上のものは、特に洗練さえているのでお店のお客さんはみな好きで特に女性にこの風味に魅力を感じてみえます。それはインドネシア特有の精製方法の生豆の水分の乾燥方式により特有の風味となりよりきちんと精製される結果となります。あとジャワ島のアラビカはスマトラと違い個性的な風味は少なくクリーミな質感があります。アメリカではモカジャバのに使われボピュラーなブレンドに入っています。 お店では、もかジャバはバイヤー一押しの魅力的なマンデリンを使用しています。焙煎は少し温度管理が必要な豆で変に苦くならないようにマイルドにしあげています。






スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://mamemame148.blog.fc2.com/tb.php/117-e948ab53



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。