コーヒー・スケッチブック
コーヒーにまつわる日常をスケッチするように描きます。美味しい話を皆様に発信します。
プロフィール

ぶんかマスター

Author:ぶんかマスター
名古屋の中川区でコーヒー豆を売っています。年は50代です。喫茶店をやりながら、お店で豆を、焙煎していましたが、豆売り店として新たに開業しました。コーヒーの生産地に訪問することが楽しみです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


インドネシア マンデリン ボナンドログ
マンデリン2
マンデリン
インドネシアにアラビカコーヒーが移植されたのが1699年オランダ人がジャワ島東部に運びこまれた時から、はじまります。ずいぶん古い歴史から始まつたコーヒーです。インドネシアの雨季と乾季によるモンスーン気候により持たされた気候と、特有な精製方法によるマンデリンコーヒー。近年のスペシャルティコーヒーになってからアメリカ市場でもそのコクのある風味から、注目されて大変人気があります。お店では、以前からありましたが独特過ぎて特に女性にこのみが別れました。今回紹介するマンデリン ボナンドロクは、より洗練されています。男性にも女性にも人気があり好評です。マンデリンの強さでない心地良い重さかげん、欠点のない、きれいで透明感つづき良い甘さに落ち着くからでしょう。ほかならぬクオリティー感じたので個人バイヤーに問い合わせると特別に作つた貰った、村別マイクロロットで選別されたものだと言う答えでした。やはり温かい内からいやな味一つもなくスパィシーでミルキーのような質感と甘さがあり冷めても安定した明るさでした。風味をこわす苦みがないので飲みやすい点もあります。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://mamemame148.blog.fc2.com/tb.php/12-4fc9bdf2



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。