コーヒー・スケッチブック
コーヒーにまつわる日常をスケッチするように描きます。美味しい話を皆様に発信します。
プロフィール

ぶんかマスター

Author:ぶんかマスター
名古屋の中川区でコーヒー豆を売っています。年は50代です。喫茶店をやりながら、お店で豆を、焙煎していましたが、豆売り店として新たに開業しました。コーヒーの生産地に訪問することが楽しみです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カッピングプレゼンテーション
カピングプレゼンテーション
9月初めに生豆屋さんのカピングプレゼンテ-ションに行ってきました。実は店の近くにあるのですごく助かります。ここ何年前から世界のコーヒー生産地は、本気モードで良いコーヒー作るようになりました。カピングするコーヒーは、中南米が主でした。グアテマラ エル サルバドル ニカラグア パナマ エチオピア コス タリカの6か国の豆です。いろいろな国のコーヒーの味をみることが、この場でできることがありがたいことです。私の若いころは、こんな世界は、無かったです。担当者の方がコス タリカの農園が今やっている最新情報を、スライドと解説をしていただきました。偶然にも今年に私もコス タリカにいきましたが、新鮮な気持ちで聞いていました。コス タリカの農園の人たちは、今すごく元気です。コス タリカは、コーヒーの技術革新が最近多いのです。なかでも小規模の農園は、より洗練されたコーヒーを作ろうとしています。コーヒーの果実の果肉を、残し太陽で種子ごと乾燥させます。甘みが種子に浸透する以上に甘いコーヒー育てる事を、重視していていることが、より一層すばらしい結果になつているからだと思います。良いコーヒーを、生産する事に自信と誇りを、かんじられます。そう言えば農園では、明るい表情で仕事に励んでいる人たちを、説明を受けながら思いだしました。私も良いコーヒーを買ってコーヒーのすばらしい持ち味を、生かしてコーヒーを、お届けすることが使命だと感じました。

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://mamemame148.blog.fc2.com/tb.php/2-d940e010



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。