コーヒー・スケッチブック
コーヒーにまつわる日常をスケッチするように描きます。美味しい話を皆様に発信します。
プロフィール

ぶんかマスター

Author:ぶんかマスター
名古屋の中川区でコーヒー豆を売っています。年は50代です。喫茶店をやりながら、お店で豆を、焙煎していましたが、豆売り店として新たに開業しました。コーヒーの生産地に訪問することが楽しみです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


重いコーヒー
IMG_3529.jpg
自家焙煎の豆屋さんからコーヒー豆を買ってきました。酸味やら風味が強いアフリカのコーヒです。この辺りは、味が強いので無理するとこれが、そのまま出て飲みにくい味にでます。一見,重厚そうに思えますが冷めると口やお腹に残るくどい感じになります。簡単にいえば焙煎は、水分抜きとその後のロースト時に成分の変化により味としてできます。水分抜きが悪いと味は重く切れが悪くなります。ロースト時は質感、甘さ、風味等が良い状態になるように作ります。これにより円やかで冷めても変わらない状態に安定します。このような状態に飲み物の感覚として味覚管理します。その中に爽やかさ、甘さなど無理のない自然の形になっている確かめます。軽やかにも関わらず爽やかな風味が出て深みのある味になるようにします。そして切れ味が必要です。この表現はかなり複雑なのですが、これが凄く大切です。ある意味、他人ごとでないので自分も可能の限り味の要素を、追求します。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://mamemame148.blog.fc2.com/tb.php/23-efcad972



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。