コーヒー・スケッチブック
コーヒーにまつわる日常をスケッチするように描きます。美味しい話を皆様に発信します。
プロフィール

ぶんかマスター

Author:ぶんかマスター
名古屋の中川区でコーヒー豆を売っています。年は50代です。喫茶店をやりながら、お店で豆を、焙煎していましたが、豆売り店として新たに開業しました。コーヒーの生産地に訪問することが楽しみです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コロンビア COE ロス コラレス農園
コーヒーベルトの中でもコロンビアは、ケニヤのように赤道により近い所にあります。年に2回コーヒーの収穫があります。熱帯収束帯が2回の雨季と乾季をもたすことで成長期、開花,結実期を、2度反応させるからです。どこかでコーヒーが1年中収穫せれているようです。国民の4人に一人は、コーヒーで生計を立てるほどのコーヒー生産国です。アンデス山脈はじめ5000メートル級の峯が6つもある山岳高原地帯です。世界に誇れる高級なマイルドコーヒーとして有名です。前置きが長くなりましたが、生産される環境がよりコーヒーの味を、知る大きな手掛かりのようなところもあります。今回のコロンビアは、特に味と香りが強いですが味がマイルドだから安定感があります。挽いた香りが高く最初の一口が香水のようにコーヒーに華やかな香りが溶けています。こんな第一印象です。コロンビアとしての少しづつ重厚な状態でのコーヒーの存在感の趣です。丸みの中の余韻も長くありコロンビアのイメージが味覚としてのこりやすいと思います。焙煎のポイントは、仕上げは、高い温度でして良い風味作り重くて渋みのあるコーヒーならないようにしました。ブラジルのような軽快感と比べると幅を感じますがいい意味でコーヒーを、知る部分も多いと思います。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://mamemame148.blog.fc2.com/tb.php/27-b690629e



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。