コーヒー・スケッチブック
コーヒーにまつわる日常をスケッチするように描きます。美味しい話を皆様に発信します。
プロフィール

ぶんかマスター

Author:ぶんかマスター
名古屋の中川区でコーヒー豆を売っています。年は50代です。喫茶店をやりながら、お店で豆を、焙煎していましたが、豆売り店として新たに開業しました。コーヒーの生産地に訪問することが楽しみです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バナナ1本を美味しくたべる気持ち。
普通サイズのバナナは、グラムいくらで売られているものは、1本200グラムほどあります。皮のみの重量は20グラムあります。私は、その1本のバナナの食べごろは熟し加減もおおきので見計らって食べます。それと果物ナイフを使いたてにカットします。そのカットした面を口の舌の面に合わせバナナの丸い面は上あご側にして食べます。口の中の形に近い関係です。つるつるした面の滑らかさボソボソしたバナナ感が凄く感じられ食べていて味の創造が良く働き美味しさが増幅します。魚の刺身や肉も切りかたで味が違います。バナナは、もぐもぐ感が多いのでこんな食べ方をするとおしゃれで繊細な味になる気がします。コーヒー1杯も丁寧な気持ちでに味わうとすると味もよく入り感じやすいです。もちろん苦くて焦げている物や酸っぱいコーヒーは口の中と頭が混乱してしまうので論外ですが。Iバナナの食べ方。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://mamemame148.blog.fc2.com/tb.php/73-3f7d3798



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。